搭乗者の後遺症

交通事故を起こした際に自爆事故として物損ではなく相手がいる事故だった場合には双方での過失割合を決めることになります。
しかし過失割合で双方の意見が食い違ってしまい、いつまでも揉めてしまうような事がありますが、交通事故が起きた状況を詳しく話し最終的に保険会社が決定した部分については、その後に過失の割合を変更することはできません。


過失割合で揉めないようにするためには自分の車にドライブレコーダーをつけておくなどといった工夫が必要になりますが、そうではない状態で揉めてしまった際には交通事故の実況見分を行った警察からの事故証明書等が参考にされます。
交通事故の加害者というのは自分の過失割合を少しでも少なくしたいので、被害者側にも非があったと主張してくることがほとんどですが、どんなに相手が強く出てきたからといって、自分が引き下がってしまうのではなく事故の状況を正直に話すようにしましょう。


また正直に話しているにもかかわらず相手が正直な話をしない際には保証会社を通じて何度も話し合いをしていくことになりますが、最終的な示談には応じず過失割合について納得いかないことを専門知識を持つ弁護士に相談するのが良いです。
ただしこれまでの事例などが参考になり、最終的に過失割合が決められますので万が一、自分の方が過失割合が大きくなってしまっても仕方がないケースもあります。


事故の際に搭乗者がいれば、保障をするのは当然であり、後遺症が残ってしまえば、搭乗者の後遺症認定についても、しっかり最後まで責任を問われます。
被害者である場合には過失が大きくなってしまうことはほとんどありませんが、加害者である場合には、自分の過失割合が大きくなることを覚悟しておかなければなりません。


[管理人推奨リンク]
交通事故を起こしてしまい搭乗者の後遺症認定をしなくてはならない場合に役立つ弁護士事務所です >>> 交通事故 後遺障害

Copyright © 2014 後遺症トラブル All Rights Reserved.